Dの蹴球物語 ~シンガポール編 第1話~

Dの蹴球物語 ~シンガポール編 第1話~

物語の主人公(ブログの筆者)

「君の名は。」
2年前に大大大大大ヒットしたこの映画。
あなたは見たでしょうか?衝撃的でしたよね~。

僕は控えめに言って5回は見ました。本当です。
ストーリー、音楽、映像、監督、声優、アーティスト全てがマッチし、
とうとう2次元が3次元を超えてくる映画が出てきたか!と思いました。
(僕の中で映画は2次元よりもよりリアルな3次元の方がという考えを持っていたため)
僕は映画で泣いたことはないんですが瀧くんと三葉が黄昏時に再会したシーンは
泣かずにはいられませんでした。ペンが落ちた瞬間なんて、もう、それはそれは。

って、なんで「君の名は。」の話してるん?
っていうより「君の名は?」ってあなたは思っていると思うので、
自己紹介させてください!

僕の名は

浅岡大貴 通称(ニックネーム):D

なぜ通称「D」か?
僕の周りの友人曰く、
「大貴」の頭文字である「D」とワンピースの「Dの意思」を掛け合わせたからということ。
いや、単純か(笑)
まあ、気に入ってるからいいんですけどね。(笑)
だから、このブログのタイトルにも入れちゃいました(笑)

僕は5歳からサッカーを始め、現在の23歳までの18年間、サッカー中心の人生を送ってきました。
そして今年の2018年でサッカー人生19年目を迎えております。

現在23歳は

アルビレックス新潟シンガポールというチームで
プロサッカー選手として活動してます!


アルビレックス新潟シンガポールがどんなチームでどんな組織かは追々説明させてください。

物語の内容(ブログの内容)

じゃあ、この物語はどんな内容なのか。
一言でいうと

サッカーを軸とした人生を送る浅岡大貴という男の成長過程を記した物語

になっており、ストーリ-型ブログとして記していこうと思います。

物語の目的(ブログ開設の目的)

僕はこれからもサッカーを軸とした人生を歩んでいきたいと思っています。
しかし、それはただ単にサッカーに関わる仕事をしていきたいということではなく
サッカーを通して多くのことを学び、浅岡大貴という人間を成長させていきたい
ということです。

その一つの過程として物語(ブログ)を記していこうと思いました。
この物語の目的は以下の5つ。

  • 自分の成長過程を記録として残したい
  • 自分が今していることを理由を含めて言語化したい
  • 言語化した自分の行動をあなたに認知してもらい意見をいただきたい
  • その意見をもとに自分の行動を改善したい
  • あなたの人生のお役に立つ情報を発信したい

最後に

「君の名は。」の監督である新海誠監督はあるインタビューで

インタビュアー:
最後に、新海監督にとって『君の名は。』はどのような作品でしょうか?

新海誠監督:
『君の名は。』では、僕のことを知らない人に
観てほしいという気持ちが強いですね。

新海誠作品だから観るという人以上に、
『君の名は。』という映画が公開されているから観るという人たちに
「楽しかった。この作品、誰が作っているんだろう?」という風に
思ってもらえたらいいなと思っています。

と答えています。
なので僕も。

僕のことを知らずにこの物語を読んだ人たちに
「こいつの人生、物語面白い!誰が書いてるんだろう?」
というふうに思っていただけるような人生を歩みながら物語を書いていきたいと思いますので、
どうか暖かく見守って応援していってくださると嬉しいです。
今回は第1話ということでお堅い感じになってしまいましたが、
次話からはもう少し砕けた感じにしていこうかと思います(笑)
それではまた!

【アルビレックス新潟シンガポールとは? ~シンガポール編 第2話~】

浅岡大貴って?カテゴリの最新記事