【SリーグとJリーグの歴史 ~シンガポール編 第4話~】

【SリーグとJリーグの歴史 ~シンガポール編 第4話~】

【SリーグとJリーグの歴史 ~シンガポール編 第4話~】

シンガポール編 第3話【アルビレックス新潟シンガポールへの道を選んだ理由】

今話の内容.SリーグとJリーグの歴史を知る

こんにちは!
今日は僕が戦っているSリーグについてのお話です。
SリーグとはSingapore Premier League(シンガポールプレミアリーグ)の略です。
ちなみにJリーグは何の略かご存知ですか?
Jリーグは日本プロサッカーリーグ(Japan Professional Football League)の略です。
知らなかったですよね?(笑)
なんで日本だけリーグ名にプロフェッショナルって入ってるんですかね?
プレミアリーグ
ブンデスリーガ
ラ・リーガ(リーガエスパニョーラ)
リーグアン
なぜだろう。
ちなみにちなみに。
Jリーグという愛称は博報堂が提案した複数の案の中から川淵キャプテンが
気に入って決めたそうです。知らんかったー(笑)

SリーグとJリーグ。
今やこの2つのリーグのレベルはとても大きな差が開いていると言えます。
では、なぜそこまでレベルが開いたのか?
それは、その2か国がどのようなサッカーの歴史を歩んできたかを
比較しながら見ることで、少しは見えてくるものがあるかもしれません。
あなたも案外、日本サッカーの歴史なんて詳しくは知らないでしょ?
Jリーグの略が日本プロサッカーリーグであったなんて知らなかったかのように。
え?知ってたって?(笑)
知らなかったのはお前だけだって?(笑)
すみません、ならばそれはただただ僕の勉強不足でした。(笑)
まあそれはともかく、日本人として日本でサッカーしてるなら、
日本のサッカーの歴史を知らないなんて恥ずかしいですよね?
それは僕にとっては「自分が自分のことを知らない」のと
同じように恥ずかしいことだと思うので、

今回をいい機会とし、SリーグとJリーグがどんな歴史を歩んできたかを
一辺に知りたい思います!&あなたにも知ってもらいたいと思います!

SリーグをJリーグの歴史を比較しながら知ろう!

SリーグとJリーグができるまで

サッカー協会設立

1892年 シンガポールサッカー協会(FAS)
が設立される。
これはアジアで最も古いサッカー協会

日本はというと、シンガポールから遅れること30年後の
1921年 日本サッカー協会(JFA)
が設立される。

あなた
えっ!日本の方が歴史浅いのか!

僕もこれを知るまでは日本の方が長い歴史を持っていると思ってました(笑)
しかし、あと3年でJFAも100周年を迎えます!

アマチュアサッカーリーグ設立

しかし、先にアマチュアリーグのサッカーリーグを設立したのは日本でした。
1965年 日本サッカーリーグ(JSL)
というアマチュアのサッカーリーグがオリジナル8によって設立。

日本から遅れること10年後の
1975年 シンガポールナショナルフットボールリーグ(NFL)
というアマチュアのサッカーリーグが3つのレベルのリーグに分けられて設立される。

プロリーグ設立

プロリーグが設立されたのも日本の方が先でした。
1986 年、W杯出場まであと一歩まで迫りながら、
韓国代表に惜しくも敗れW杯出場を逃した当時の日本代表監督が、

日本代表監督
(先にプロ化をしていた)韓国に追いつくには日本にもプロを作るしかない

と訴えたり、
チームによってはプロとアマチュアの選手が混在するという状態が続いていたため、
このような流れを受けて
1992年にアマチュアリーグのJSLが廃止されると、その翌年の
1993年 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)
とその下部リーグであるJFLが設立されました。

一方のシンガポールはというと。
当時プロリーグがなかったシンガポールサッカー協会は
自国のサッカー発展のため、アマチュアリーグの選抜チーム=シンガポール代表チームを
マレーシアのリーグに参加させていました。

あなた
代表チームが他国のリーグに参加することが昔ではあったのか。
今では考えられないね。

しかし、問題発生!!!!!!!!!!!

シンガポール代表チームはマレーシアのリーグで圧倒的な強さをみせ、
タイトルを総なめに。(笑)
すると、そこまで圧倒的に強すぎるもんだから、マレーシア側から

マレーシア
八百長なんじゃないのか!

と疑われたため、シンガポールサッカー協会(FAS)は
FAS
分かった。そこまで言うなら、もう自分たちでプロリーグ作るからここから出てくわ!

ということに。(笑)
しかし、シンガポールサッカー協会(FAS)は

FAS
プロリーグ作るとは言ったもののどう作ろうか…。

そこで参考にしたのがなんとJリーグ!
Jリーグをモデルに8チーム、2ステージ制で
1996年 シンガポールプレミアリーグ(Sリーグ)
が設立され、
アマチュアリーグであるシンガポールナショナルフットボールリーグ(NFL)は

プロリーグの設立に伴い、3→2つのレベルのカテゴリーに。
翌年1997年には通年制(1シーズン)に移行し、
2013年にはJリーグとパートナーシップ契約(リーグ間提携)を結んでいます。
あなた
そんないざこざがあったのか(笑)
あと、Jリーグとの関係もあったんだね

僕もこれをアルビSのスタッフの方から聞いたときはビックリと面白さがありました(笑)

年表

以上のことを年表にまとめると

1892年 シンガポールサッカー協会設立(FAS)
1921年 日本サッカー協会設立(JFA)
1965年 日本サッカーリーグ設立(JSL)
アマチュアリーグ
1975年 シンガポールナショナルフットボールリーグ(NFL)
アマチュアリーグ
1993年 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)
プロリーグ
1996年 シンガポールプレミアリーグ(Sリーグ)
プロリーグ

このような流れでSリーグとJリーグはできたんですね。

まとめ.歴史を知ることで

今話はSリーグとJリーグの歴史を知る作業をしましたが、
なんでリーグの歴史を知る作業をしたのか?
そもそも歴史を知る意味は?
僕が思う歴史を知る意味は

歴史から同じ失敗や過ちを繰り返さないことを学び、「今」を発展させるため

だと思います。
中学、高校時代に日本史や世界史で戦争や国の成り立ちなどを教えられてきたと思います。
あなたは「なんでこんなこと学んでるんだろ?」と思いながら、
授業を受けてきたんじゃないでしょうか?
僕はそうでした(笑)
しかし、よくよく振り返ると確かに歴史つまり過去を学ぶことで
今に繋がる、今を発展させられることができるのです。
今、戦争が起こらないのは世界の歴史を学んだから。
今、日本が鎖国してないのは貿易したほうが国が発展することを学んだから。
今、サッカーのルール変わったり、審判が増えたり、VARが採用されたのは
それらによってサッカーをより魅力的かつ正当にできることを昔から学んだから。

今、Jリーグが1ステージ制になったのは、2ステージ制をした過去があったから。
それは自分という人間にも言えることで
「今の自分」があるのは「過去の自分」があるからなんです。

冒頭でも少し触れましたが、
SリーグとJリーグでは今では大きな差があると言えます。
ここまで差が開いたのは歴史の流れだけを見る限り、
協会設立はシンガポールの方が早かったものの、
リーグ設立やプロ化は日本の方が常に先をいっていました。
今でも様々な面でJリーグがSリーグより先にアクションを起こしています。
Sリーグのさらなる発展に必要なのは日本の後追いをすることではなく、
自分たちの歴史と現状を見つめ直すことなのです。
前話でもお話ししたように、
Sリーグによる「アルビSは23歳以下かつその半分は21歳以下で構成されること」の規定変更は
アルビSがすべてのタイトルを取ってしまったから?なのではないかと思います。
Sリーグは自分たちではなく、相手を変えたのです。
でも、歴史から学べば、そうするべきじゃないとわかるはず。
実際、規定変更した今シーズンもアルビSが優勝しました。
(アルビSが凄いということが言いたい訳ではありません)

来シーズンのSリーグはどのようなカタチになるのか?
今シーズンとこれまでの歴史を踏まえて自分たちが発展するためのリーグのカタチにすることで
Sリーグの発展が見えてくるはずだと僕は思います。
僕は今、そういう歴史を歩んできたリーグで戦っているということを知ることができました。
じゃあ、その僕にできることはなんなのか?
それは次の次ぐらいでお話しようと思います。

今話はSリーグのこれまでのお話をしたので、
次話は現在のSリーグについてのお話をしたいと思います!
それではまた!

シンガポール編 第5話【Sリーグってどんなリーグ?】

Footballカテゴリの最新記事